脱毛は痛みを感じるほうが効果は高い

 

全身脱毛をする時に痛いから嫌だと感じることが多々あると思いますが、実は脱毛した時に痛みを感じるほうが効果が高いのです。

 

医療脱毛のレーザー脱毛にしても一般的なフラッシュ脱毛にしても黒い色に反応してその部分に対して光エネルギーによって毛根組織に作用するという方法を取っています。

 

痛いということはよく黒色に反応しているということであり、より痛みが発生しているのです。

 

毛が濃い部分は黒が強いので痛みはより強く感じます。

 

ですが結果的に毛根ほのダメージをより与えていますので脱毛効果が高いのです。

 

うぶ毛の方があまり脱毛効果がないのは黒色が薄いためであり、しっかりと光エネルギーを与えることができないのです。

 

光エネルギーは黒色に反応しますから、その部分が多いほど高温になり、やけどのような状態として痛みになります。

 

痛みがある=よく反応して脱毛できているという意味にもなりますので脱毛効果は高いのです。

 

美容外科の場合は医療用のレーザーを使用するため一般的な脱毛サロンの全身脱毛よりもレーザーの出力は高いです。

 

ですから細かい毛でもできたり、毛根をしっかりと破壊できたりして細かいムダ毛まで処理ができます。

 

レーザーの出力が高く、黒色が多くなるほど痛みがより強くなり、効果が高いのです。

 

また皮膚の薄い部分はより痛みは感じやすいと言われていますので、痛みを感じないように脱毛サロンや美容外科の方でも施術前に患部を冷やすなどの処置をしています。